お問い合わせ
HOME>歯科治療への選択肢−インプラント
歯科治療への選択肢
インプラントインプラント

インプラント

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して機能を回復する治療方法です。  インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して機能を回復する治療方法です。
固定式であるため入れ歯のようにガタついたりせず、自分の歯とほぼ変わらず噛めるようになります。

インプラント治療の長所

・自分の歯と近い感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかる。
・周りの歯を傷つけないで失った歯を回復することができる。
・見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上けることができる。
・インプラントがあごの骨に力を加えることから顎の骨がヤセるのを防ぐことかできる。

顎の骨に埋入されたインプラントの土台インプラントに被せ物を入れた状態

インプラント治療の短所

・土台を埋め込む手術が必要。
・強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがある。
・歯触りが鈍い。

手術によって埋め込まれたインプラント

インプラントの治療手順

1・カウンセリングと審査

 インプラント治療に必要な審査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断します。 その後治療計画を立てます。

2・治療計画の説明

 初診での検査を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。必要に応じて、ワックスで治療後の予測模型を作成し治療計画の説明をします。
現在はインフォームドコンセント(十分な説明と理解)を取り入れている医院も数多く、安心して治療を開始できるところが多いです。

3・虫歯や歯周病の治療

 他の歯にある虫歯や歯周病になっている場合はすぐにはインプラント治療はできません。インプラント治療の前にはまず周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。
また、骨量が不足している方には必要に応じて骨の再生治療を行うこともあります。

4・インプラントの埋入手術

 歯の根に相当する部分インプラントの部品を手術により顎の骨に埋人する手術を行ないます。麻酔も特殊な大掛かりなものではなく通常治療で行うものと同じ局所麻酔を用いて行ないますので安心して手術を受けることができます。

5・治癒期間

 埋入したインプラントが骨と結合するまで骨の状態や治療部位によって異なりますが、三ヶ月から六ヶ月ほど待ちます。
また、この期間中は治療ごとにあった仮歯を入れることができるので、日常生活に支障が起きることはありません。

6・土台の設置

   

7・印象採得

 インプラントを含めたお口の中全体の印象採得 (= 型をとること ) をします。その際に人工の歯の土台となるインプラントの部品 (= アバットメント ) をフィクスチャーに連結します。
* この時、簡単な手術を行う場合もあります。

7舞台裏・被せ物作成

 その型に従い人工の歯を作製します。その後、口の中の土台に被せ物を装着して完成です。

8 ・上部構造のチェック

 出来上がった被せ物を装着し、かみ合わせのチェックなどを行います。

9 ・定期検診(メインテナンス)

 インプラント治療の終了後、定期的に適切なホームケアと検診が不可欠です。担当歯科医師の指導に従い正しい歯みがきや半年に一度インプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。